ABOUT NISHIDE LAB

西出研究室では,科学教育に携わる人材の育成を行います。

 

自然に親しみ関心を寄せると,

自然に対する好奇心から疑問が生まれることがあります。

この疑問に答えるために仮説を立てて,観察や実験を行います。

そして,その結果を洞察します。

 

その洞察から,また,新たな疑問が生まれ,

再び,その疑問に対する仮説を立てて、観察や実験を行います。

そして,その結果を洞察します。

これを繰り返していく訳です。

 

このような科学の営みを繰り返していく中で、

科学教育に携わる人材を輩出していきたいと思います。

"科学教育に携わる人材の育成"

何を問うか,どう問うか:

 

 限られた時間の中で,何を問うか?

 また,どのように問うか?

 

 何を問うかによって,

 また,どのように問うかによって,

 その後のストーリーは,大きく異なる。

大切にしている問いかけ:

 

「やってみようか?」

 

「何か気がついた?」「どうなると思う?」

 

「なぜ?」 「何でそう思うの?」

 

「それって何が違うの?」

 

「それってどういうこと?」